未経験でit業界に異業種転職することはできる?

どの職種も未経験の人は経験がある人に比べると働きにくいところが多くなっていますが、求人情報を出しているところというのは即戦力を必要としている場合も多いのでどうしても経験者を優遇する傾向にあります。

その一方で経験していたことがかえって雇うことにマイナスとなることもあり、これはこれまでの仕事の経験が癖になってしまうことで新しい仕事でも癖が抜けないことで仕事に影響することがあるからです。

未経験者優遇のところも求人情報を出すと多くありますが、これからエンジニアという職種に異業種転職をしようと考えている場合に経験がないのに転職することができるかどうかというのは気になる部分です。

エンジニアとしての働き方にはいろいろありますが、いずれの場合も国家資格がないと働くことができないという職種ではないので未経験者であっても十分に異業種転職して働くことができる可能性があります。

このように敷居が低いというのが人気の理由でもあるのですが、一方で転職して成功するためにはそれ相応のスキルが必要であり、スキルがきちんと伴ってないと仕事をしても成功する確率は下がります。

また、未経験者がエンジニアに異業種転職する場合はエンジニアとしての手腕をどのように雇ってもらいたい企業に表現するのかが一つのポイントになりますが、これまでにエンジニアとして働いたことがある場合はそこでの職歴をそのままアピールポイントにすることができます。

しかし、これまでに働いたことが無い場合は実践の場でエンジニアとして活躍したことがないので優れたスキルを持っていたとしても雇う側はリスクを感じてしまうのが普通でこれが未経験者の壁とも言えます。

これについては具体的にどのようなことができるのかということを詳細に説明することが大切ですが、派遣社員や契約社員から入るとハードルは下がるため、ここで実績を積んでからエンジニアとして正社員で雇ってもらうという方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です